テラノハ

言葉は涙だ。とベケットは言った。

よわきもの、汝の名は汝

日本が勝ったらしい。
ワールドカップの話です。

らしいというのはうちにはテレビがないからで、らしいというのはTwitterでみんなが「勝った!」「大迫半端ないって」と書いていたからでした。

人生で一番ワールドカップを見たのはそりゃあもう2002年の日韓大会の時で、当時小二で地元のサッカークラブに入っていた僕は海辺のお店でやってたビューイングに連れてってもらって、鼻血が出るくらい興奮しました(元々アレルギー性鼻炎で鼻粘膜が弱いせいです)。


別にワールドカップにのっかるほど熱心なファンでもないし、テレビがないとこういう時世間から置いていかれます。ハリルホジッチが解任されて西野監督になったのまでは知ってます。

なんていうか一つのものをみんなが共有するって体験がまだ廃れてなかったんだなーと感心しました。
スポーツの熱狂というか。


昨日の夜からずっと吐き気があって、久々に戻しました。まぁそんな大した量でもなかったし、白湯飲んで落ち着いてから寝たのでアレなんですけど。
ずっと胸がイガイガして、歯がムカムカして、小さい時からずっとなってたこれってやっぱり病気だったんだなと今更気づいています。名前がつかないと人は現象を認識出来ないのかな。
今日から稽古で、もうホントにお腹痛いし、色々やだー家で『監獄のお姫さま』の続きみるー(昨日から見始めたらめっちゃおもろい)と駄々をこねるところでしたが、それはそれ、ちゃんと稽古に行き、案ずるより産むが易しのサンプル、645件目を獲取しました。
楽しいこと、好きなことやってたら文句ないでしょという人もありますが、人間はそんなに単純ではないのです。

梅雨かと思ったら今日は晴天でイライラしました。梅雨としてのプライドはないんかと。
あとやっぱりスポーツを見る時に物語としてみちゃうのがすごく苦手です。今日の試合見てないけど。
高校野球箱根駅伝もそうで、本来物語として人を感動させるべくデザインされたわけではないものを面白おかしく享受して、いい気になる感覚がすごく怖い。まぁテレビがそうやって仕立ててる部分も大いにあるでしょうし、日常とは違ったものを観客が求めてるのはあるでしょう。
身体の躍動や戦術の奏功具合に声を上げて喜ぶのは醍醐味なんですけどね。


ぼくもこう、なんていうか宅飲みがてらワイワイしたいのかもしれない。
でも今は家で1人で『人狼』をみました。うーん、押井守〜ってセリフがウヨウヨでてきます。

今日はよく頑張ったと思います。
明日も頑張れるとそれなりですね。