テラノハ

言葉は涙だ。とベケットは言った。

ドンッストップィミィナァアア!

春なのでテンションがキ印。

マジで生きてて辛い。いや、死にたいとかじゃなくてですね、テンションが上がりすぎて引く。
つい2ヶ月ほど前はテンションがひくかったのに暖かくなってきたせいか生きる活力が湧きすぎててやばい。
愛のむきだし』のヨーコくらいアブナイ。街中で絶叫したり喧嘩を売ったりしてしまいそう。取り壊しのバイトして合法的に事物を破壊してしまいたい。
今日は祖母から炊飯器が送られてきて、一人暮らし6年目にしてやっとはじめて米を炊いた。
これが笑うくらいおいしくてYouTubeでマユマツオカが出てるモーニング娘。16のone,two,threeを爆音ヘッドホンで踊りながらイカナゴくぎ煮でごはんを3杯食べた。
このブログの熱心な読者諸兄は、つい2ヶ月ほど前まで僕がごはんを罰ゲームのように食べ、罰ゲームのように吐いてたことを覚えておられよう。
食べられるようになったから幸せハッピーかというとそうではなく、自分でコントロールできないという意味では同根の問題を解決できておらず、さきほどはYouTubeX JAPANのライブを見ながら自分の太ももを殴打し続けるという奇行に走っていた。
マジで怖いんですけど。命の母?とか飲めばええの??


そういえばうちは代々アブナイ血筋なのだが、父や母もこういう時間があったのだろうか???
うちは寺なんすけど、母がよく眉間にシワを寄せながら何時間もお念仏(木魚を叩きながら南無阿弥陀仏を唱えるやつ)をしてごはんを作ってくれなかったこと(呼びに行けばあとでちゃんと作ってくれる)を思い出す。なるほど、太ももじゃなくて木魚叩けばええんか!
東京の小さなアパートでそれをやると通報されるのでやってはいけないことです。気をつけましょう。

うちの父はごはんが好きなので、四六時中なにかを美味しそうに食べていて健啖ぶりが本当に羨ましい。羨ましいといいつつ、二ヶ月前くらいまでは(豚みたいに食うやん……)と我が父ながら軽蔑していたのだが、ストレスで食べてしまうという彼の苦しみを今やっと身にしみて分かり始めている。食わないと人を殴ったりしてしまう気分で、ごはんを食べてそれを鎮めるなんてすごく優しいと思う。デブとか馬鹿にしてごめんね。これからはおやつを取り上げたりせずに、食べな食べなといってあげたい。

深呼吸をする。人生とは死ぬまで呼吸を止めないことでしかない。
息を詰めるとその分脳に酸素が回らず、パフォーマンスが落ちてしまう。
苦しいので息をする。呼吸が浅いとよくないのでヨガなどが推奨されていますね。

みなさんは深呼吸できていますか?
人を殴りたくなったらごはんをたべて深呼吸をしましょう。
近くにお念仏できるお寺がある人は木魚を叩きながら、大きな声でやるとストレスが軽減され、めんどくさい人間関係が解消されたりするでしょう。
新しいめんどくさい人間関係がはじまっても責任はとれません。


深呼吸したので寝ます。
ほいじゃ!!!!!!