テラノハ

言葉は涙だ。とベケットは言った。

2017-12-08のレッツゴー

結論からいうと昨日に続いて稽古場に行けた。

10時から一年生ミーティングがあるので朝あわただしく家を出る。
通勤ラッシュのなかで電車に乗るのはさぞ辛いだろうなと思って売店で買ったアーモンドチョコレートをホームのベンチで無心で何個か口に入れた。
人に押されていると心が石になっていくのがわかる。
元気な時はどんなに押されても(いいぜもっと来いよオラァ)という気分で立ち向かえたのだが、いっぱいいっぱいのときはひたすら苦痛である。

遅刻もせず稽古場につく。
来たことを特別に驚かれもしなくなる。
僕にとってはだいぶ特別なことだけど。

カイロを2枚、背中と腰に貼ってるおかげで寒さは免れた。

昨日に比べると稽古場にいるのが苦痛ではなく、休憩時間の人の声も全部拾ってしまうことはなかった。
4時くらいにしんどくなったので今日はそこでそそくさと帰った。
昨日より短いが、勘弁してほしい。泣かなかったし、逃げるように出なかったところは評価したい。

帰りの電車も人が多いし気づいたら折り返していたのでごはんを食べてから帰った。

稽古大好きだったけど、今はまだそんなでもない。
自分がやってないというのもあるとは思うけど。

家に帰ると疲れて眠くなることだけが数少ない収穫だ。いうて4時間とかで目が覚めてしまう。
今日はその後二度寝してそれでもまだ疲れている。

お風呂に入ろうと思う。