テラノハ

言葉は涙だ。とベケットは言った。

2017-09-24のかゆうま

今日は晴れ。涼しい。

昨日の夜胃もたれして寝られず、喉がイガイガして寝られず、夜更けにのど飴を買いに外に出た。
母は相変わらず心配して買ってこよう、といってくれたが、そこまで甘えるのは自分にイライラするので虫の鳴いている夜道をトボトボ歩いた。
もうすっかり秋で、裏起毛のパーカーを着て首にはネックウォーマーを巻いているのに肌寒い。これで風邪が悪化したらやだなーと思いながらのど飴とレモンの炭酸水を買い、来た道を戻る。
夏は夏で灼けるアスファルトと蝉の声に物悲しくなったし、秋は秋でキンモクセイのまじる空気と涼しげな虫の声に寂しくなっている。結局年中そういうモチーフにばかり気を取られるのか、基本的に朗らかに生きてないのかどっちだろう。

最近は母にもってる映画のブルーレイを見せて布教している。この前インターステラーを見せたら面白がってくれたので昨日はゼログラビティを見せた。これどうやって撮っとん?と不思議そうにしており、見せ甲斐がある。田舎におったら見れんもんが見れるわーと言ってくれるのでいい気になった。

今日はまたおかゆを食べた。おかゆ、おいしい。
米の甘みで食べる、みたいなとこある。ふだんの白米はいわばおかずをより美味しく食べるためのブースターくらいにしか思わず、ごはんが欲しくなるおかずを欲している。だけどおかゆを食べる時は大抵おかゆしか食べられないのでおかゆの旨みがよくわかる。あとおかゆを食べてお腹が痛くなったりはないのでついつい調子に乗ってしまうが、それはレベルの低いモンスターを相手に優位に戦えたというだけで即カロリーの高いものを食べられる訳では無いことを僕はようやく知る。熱が引いて食欲がでてくるみたいなわかりやすい合図がないので僕はもうしばらくおかゆの旨みを味わうことになりそうだ。
今日は父が妹の下宿先に行っており、2人ですき焼きを作ったという写真が送られてきた。なんというか、健康なのっていいなーと家族間格差に笑うしかなかった。

明日は位置原光Z先生の本を買いに行きたい。
文化的な穀潰しなのに、穀も満足に潰せないからせめて文化をやっていこう。