テラノハ

言葉は涙だ。とベケットは言った。

2017-08-20のタッチアンドゴー

今日は曇り。やや雨。

昨日の夜、なんかテンションあがって次の発表会の戯曲のあらすじを考えた。
パンフに載せるあらすじをいつも書いてる先輩に送ったらちょこちょこ直してって言われて楽しかった。でも中々OKが出なくてむぅーってなった。
流れで新しい役目を頼まれたのでがんばろうと思う。なんでも出来ちゃう先輩に憧れもありつつ、対抗心みたいなのも確かにあったのでやってやるぜー。卒公の時もパンフ作りでケイデンスが上がっていたのが芝居にも出たのかなと考えることがあるので今度もそうなるといい。キャパオーバーにならない程度に、でも常在戦場のテストステロンを感じたい。

今日起きてからあらすじの続きをやったけど、先輩に書き直してもらったやつの方がちゃんとしてて、ちゃんとしてる……ってなった。僕はよくもわるくもかっこつけたがりなので、説明しようという配慮に欠けており、かっこいい単語を出したがる。ギターソロを弾きたがるだけではギタリストになれない。詩人になりたがるだけでは作家にはなれない。
短編小説家は詩人のなり損ないと言ったのは誰だったっけ。

起きて甘酒を飲みながらアメイジングスパイダーマンを見直した。ホームカミングをみて不意にスパイダーマンらしいオリジンが見たくなったので借りた。クモに噛まれるのもベンおじ失うのもこれこれ~と思った。ホームカミングはカウンターとしての作品だがこういうのありきである。
アメスパの高校は白人ばっかりで別にそれも変だと思ったことはなかったが、ホームカミングをみてクイーンズは住民の48%が移民という話を聞いた後だと変なのって感じ。世界は得てしてそんなものなのだろう。気づくか気づかないか。

Twitterをぼーっと眺めていたら『ベイビードライバー』の評判がよすぎるので、明日行くつもりが今日行くことにする。昨日ハイローザム2をみて今日は家でゆっくりしてないとまた消費グセが戻りそうで自重していたのに、結局出かける。
果たしてベイビードライバーは期待通りのミュージカル×カーアクション×ポップなエンターテインメントで、さすがはエドガーライトである。楽しいけど楽しいだけじゃなくて、なんか切なくなった。
おれもデボラを連れてハイウェイを飛ばしたい。
車はない。免許もない。助手席でいいかな、やっぱり。

見てる間リズムを取ってしまう映画はいい映画なので、ベイビードライバーはいい映画だったが不意にお腹痛くなってややテンションが落ちたのが悔しい。でも見てたら思わず踊りだしたくなる映画は珍しい。『ワイスピ』とか『ベイビードライバー』流れてるクラブなら行ってみたい。サントラがほしー。
今日は動いたので明日はひきこもるぞ。