テラノハ

言葉は涙だ。とベケットは言った。

2017-08-18の蚕

今日は曇り。

昨日の夜は久々に大学の友達のまいちゃんと電話した。
主に恋バナなど。進行中のよりも過去の恋を思い出すのが多くなり、思い返すと辛かったなーとなったが、よく頑張ったという着地をした。あと文章が上手いと流れで褒められたのでホクホクした。記憶というのは恐ろしい。時間が解決するというのは恐ろしい。けれど埋まってるだけで掘り返すと次々出てくるので不思議。あんなにしんどかったり泣いたりしたのにケロッと忘れている。後半は大学時代の思い出話が芋づる式に出てきてなつかしーなつかしー言ってしまった。大学時代を振り返る時、いやな事ばかり思い出すといやだし、楽しいことだけ見つければ楽しかったがトータルどーだったのかなーといつも思っていた。だけど、こうして4時まで電話できる友達を得られたのは財産じゃんとようやく気づいた。月1で美術館にいけるG2もいるし。あと僕は結構おしゃべり好きなんだなというのも何回目かの気付きで、普段寡黙ぶってるのはなんなんやという話。ここだと多弁で暗いのもなんなんだろうか。まぁ文章で楽しそうなのって中々むずいよね?

4時すぎに電話を終えてぼーっとしながら寝た。
起きると昼頃であった。
曇りだったが洗濯機を回す。
そういえばお風呂に入ってないので髪の毛が脂っぽい。休みになると途端に自分を丁寧に扱えなくなり、食欲もない。お風呂好きなはずなのになんかめんどくさい。ごはんも食べたくない。
もしかして甘酒キャンペーンを終えたのが悪かったのかと思って甘酒と豆乳とか買いに行った。
お好み焼きを食べてみたが普通にお腹痛くなって、もうやってらんねとなり、布団にくるまっている。
明日はまたプレ稽古で、読み合わせだ。
予習をしなきゃと思うが、活力が湧いてこない。
結局高校時代に予習復習のサイクルを確立しないまま卒業し、だらだら大学生をやってきたからここでもまたグズグズしている。おかしいなー。
とりあえずお風呂に入ってみたら何かが変わるかもしれない。

蚕というのは絹糸を取るためだけにシステマティックに改良された生き物で、頑張って作った繭だけが必要で後は殺されてしまうらしい。
僕は繭を作るために生きているわけではなくて、やがて飛び立つことを目的にしているはずだが、毛布から出られない。
蚕は大食いだが僕はお腹が痛い。