テラノハ

言葉は涙だ。とベケットは言った。

2017-08-10の予想外!!

今日は真っ白な曇り。無事に早起きできたので新宿へ向かう。

今日はバーベキューである。正直いうと本番終わって翌日翌々日と仕込みの手伝いで疲弊し、そこから講評会とプレ稽古で慌ただしくていい加減一人になってぼーっとしないと自分を保てない気がしていたので、ちょっとだけ気が進まなかった。行くと言ってしまった手前楽しみな気持ちもあるが、こんな性格なので地蔵みたいになったら周りのみんなにも迷惑をかける気がしてちょっぴり怖かった。

新宿西口の集合場所でレンタカー隊を待ってる間も浮かれてるみんなとおしゃべりしてるとちょっとずつテンション上がってきて楽しみ度が増していく。
車2台に分乗して出発。音楽を聞いて盛り上がる。
こういう盛り上がりを文章にするのはすごく難しい。その場のノリというか。
映画音楽は誰もがわかるのでリアクションがよかった。特にジュラシックパークのテーマがかかった時、窓の外が急に草むらになり、めっちゃ恐竜いそう!とはしゃいだ。
今度の発表会にちなんで中東の元気が出る歌で検索して出てきた曲、なんといってるのかはよく分からないがパーヨパーヨいってる曲が妙に楽しくてみんなで笑っていた。
渋滞もあり、4時間ほど掛けて神の川キャンプ場に到着。
キャンプ場というところに来るのが初めてで、このなんとも言えず整備された人工的な自然が異様でもあり快適でもあった。
川!めっちゃ川。山。地元を思い出す自然の濃度にホッコリする。やはり人間、自然に返る瞬間はなくてはならない。
到着したことをツイートしたりLINEで報告しようとしたら圏外だったので、妙に嬉しくなる。都会の喧騒やせせこましい情報に途絶された空間。楽しむことだけに集中しようと思った。
先遣隊がテントやバーベキューの準備を整えてくれていてとても助かる。僕も早起きできたらこっちチームでもよかったなーとか思った。
僕は丸メガネに細い体で見るからに虚弱でインドアな印象を抱かれがちだが、これでも島育ちで父親の影響でバーベキューもよくしたし、火起こしとかやる時もあったし、カヌーで遊びに行ったりもした。みんなほどバーベキューや自然に馴染みがないわけでないが、それでもやっぱりこのメンツでこんなキャンプ場に来るというのはテンション上がった。
同期の女子が水着きてたりしたので一通り興奮しておいた。グラビアとかあんまり興味無いけど知ってる人の水着はなんか背徳感があっていい。おっぱいとかよりもヘソとか腹筋に目がいったことを白状しておく。解放的な気分の女の子は5割増しでかわいい。好き。
火起こしとか手伝えなかったが、調理補助でひたすら団扇を仰いで炭火を応援した。ゴーヤ炒めとか焼きそばとか作るのを手伝うのは妙に楽しかった。自分でするのは苦手だけど手伝うのは得意なんだよね。
マス釣りする人、川で泳ぐ人、肉を食う人、それぞれ面白かった。先輩がもってきたポータブルのスピーカーで音楽を流していたので適当に揺れていたら「べっぴーが踊り出すレベルやで」と驚かれた。たしかに普段の僕は踊らなさそうに見えるだろう。でも踊りたくないわけじゃないし、踊らないなんてつまらない人間ではないんですよ。それになにより楽しかったし、踊り出してもいいかなーって気分になった。
肉の脂もお酒もあまり得意ではないのだが、楽しさのおかげか食べても飲んでもしんどくならなくて気分ってすごいなーと思った。楽しい気分にちゃんと拍車がかかってお酒って偉大だなーと久々に思った。
同期の女の子が急に悪酔いして色んな人に抱きついては大丈夫だよーというくだりがあり、大丈夫ではないなこれと思ったが、抱きしめるのは悪いものではなく、僕はそういう人を見るとほっとけなくなるので内心きゅんきゅんしながらさすってあげた。
それでなぜか他の女の子にもハグを要求したら結構受け入れてもらえたのでバーベキュー万歳ってかんじだ。

片付けも終わり集合写真を撮って帰る。
帰りの車はみんな寝るかと思ったら行きよりもテンション高くて懐かしのアニソンとか歌ったり、前述のパーヨパーヨの曲とかかかって楽しかった。
僕は大体自分がはしゃぐのがおっかないというか、はしゃいだあとに我に返る瞬間のあの落差に何度も生きた心地がしなくなって次第にハレもケもなくフラットでいようと消極的になっていたのかなーと今日思った。自分がはしゃいでも受け入れられるのかよく分からんし、受け入れられるかわかんないならなるべく静かに生きようと小6のときから怯えているので、なんというか今日は久々にそういうせせこましい懊悩から解き放たれて心の底から笑い、おいしくお酒を飲んでお腹も壊さず、その上女の子にハグとかしてもらって、とてもよい1日だった。行く前の行きたくなさはまた例によって行ってよかったに代わり、人生23年目でもこの手のコレクションを増やしている。そりゃ一緒に芝居やってる人たちなんだから受け入れてくれるよーという気持ちもありつつ、そうはいってもと疑ってしまうのが僕なので。でも普段の親しみ方は芝居にびっくりするくらい出るというのもよく分かるのでこれからも肩肘はらない努力をしたい。

九時前にレンタカーを返してごはんでもいくかー?みたいな感じになったが、なんぼなんでもそろそろ一人になりたくなっており、3週間も映画館にいってないことを思い出してトランスフォーマー最後の騎士王を見に行った。疲れとリラックスのおかげで終盤寝落ちして終映後スタッフの人に起こされたのは恥ずかしい話である。やはり映画館には用事の後でいくのはやめよう。

今日は予想外のことばかりでとても楽しかった。
思った通りの1日もそうじゃないのもあっていい。
明日はようやく電池を切れる。それでもスパイダーマンをいつ見に行くかで脳内会議は紛糾している。