テラノハ

言葉は涙だ。とベケットは言った。

2017-08-05はダブルヘッダー

今日は曇りのち晴れ。雨じゃないだけマシだったけどクソ暑かった。2日目。

昨日はテラフォーマーズを見終わった。
なんというか、うん。いつもの三池崇史だった。
瞬間最大風速は目を見張るものがあるけど、全体だとお、おうって感じだった。

今朝は早起きして洗濯したかったのだが、ぎりぎりまで寝てしまい出来ず。
今日も電車の人々は慌ただしそうだ。
曇りで蒸し暑くてイライラする。
集合写真を撮った。前回の家を出たの時にも映ったが、いや俺でてねーしという気持ちの方が大きかったので今日は心から笑えてよかった。
あっという間に開場。開演。
なんというか本番という実感がわかない。
力みや焦りや緊張もなくやる。緊張感はあったかな。寝てるお客さんが多かった。昨日のお客さんは優しかったなぁ。
鶏の骨むしゃぶるところが一番キレイに出来て、ちゃんと口に含むけど残りすぎず程よかった。
大学の先輩とか岡山からG2が来てくれたけど挨拶し損ねた。
やはり客出しで褒められないとデザート食べ損ねた気分になる。

終わってダメだし聞いて掃除したらあっちゅう間に開場、開演。お昼ごはん買いに行けなかったので差し入れのマフィンを食べた。しょっぱいものが食べたい。
二回目とはいえ疲れで馬力が落ちるとかもなかった。ただ足を抱えて倒れるところでガッツリ倒れてやや脳震盪気味になって疲れた。女の人が多い客席だった。
空いた時間に『村に火をつけ、白痴になれ』という伊藤野枝の評伝を読み終わったが、まだまだ興味が尽きないので瀬戸内寂聴の『美は乱調にあり』を読もうかなとか思った。調べたら宮本研の『美しきものの伝説』とか『ブルーストッキングの女たち』は大正期の野枝とかも生きた時代の戯曲だったらしく、『俳優についての逆説』の中でタイトルだけは知っていたがここに来て繋がるのは面白かった。

今日の楽屋はもっぱら次の発表会の演目の話題でもちきりだった。もちきりとはいってもタイトルは発表されておらず演出部とか一部の人だけ知ってる状態なのでみんな探り探りで情報が錯綜している。300ページ超えで大変ということだけはどうやらホントらしい。やばそう。熱い秋になりそうだな。

卒公ほど毎公演ヒリヒリした感覚がないのはいいことなのかよく分からない。卒公が特別すぎたのだとも思う。でも間違いなくやってよかったとは思う。
僕が知ってる数少ない戯曲を実際に演じられるというのは貴重なことだし、ここに来る前に名前を知っていた演出家に演出してもらえるというのも何気にすごいことだ。15年ぶりの登板にこれをもってくるU山さんはやっぱり鋭いなーと思う。

あと1日。あと1公演。バラシや打ち上げも含めて最後まで駆け抜けてやるぜ。