テラノハ

言葉は涙だ。とベケットは言った。

2017-07-28のえっさっさ

今日は曇りとか晴れ。4。

昨日の休みが目の前で燃え尽きる線香花火みたいでとても辛かった。
そして下手に休みのリズムを体が覚えたらしく朝起きて家を出るまでがしんどすぎた。
甘酒の豆乳割を飲む。
お腹はぬるめに痛い。
もう家を出て行こうとしているだけで表彰してほしい。ログインボーナスがほしい。
昨日買った『村に火をつけ白痴になれ』という伊藤野枝の評伝を読み始めて少しだけ心がスッとした。映画館にいけないから読書で心を保とう。

今日は出番が回ってきた。正直全然体も気持ちも起きてなかった。
んーまぁ今までの時よりはいたたまれなさに苛まれなかったけど、ドライブ感はまだない。
止まってしまったらすべてが終わる。
逃げる時も走る、戦う時も走る、走れなくなった時は死ぬ時だというのは『七人の侍』の中で好きなセリフだが、卒公以来で思い出した。
左膝を思い切りパンチに擦ったので一皮むけて白くなり痛い。痛みを伴うのだね脱皮には、とそれらしき訓戒をいま考えたけど普通に萎える。
また頭が痛くなったのでスムーズに頭痛薬を飲む。
ゆらゆら帝国の恋がしたいを聞きながら一時間休む。
困ったねぇ。

自主稽古でやや動き続ける思考の流れが見えかけるが、それまでである。
体全体に虚脱感がある。
休み明けは来ただけで価値がある。
これから8/9まで休みがないの、どう考えてもやばいな。
まぁ上手くやろう。

最後の舞台仕込み。
色塗りとかは成果がわかりやすいのでやや体にいい。
明日から11時-21時でやっていく。
無理だ。頑張るとか努力とか無理するとか、そうなってる時点で無理筋だと思うのが常なので、辛いものがある。
当たり前度を上げとけば対処できることもあるけど。
卒公の時は確変してたんだなーと思う。

早く映画館の一部になりたいな。
その日の来るのを切に願っている。