テラノハ

言葉は涙だ。とベケットは言った。

2017-07-20の熱中症気味

今日は晴れ。11。

昨日はラースフォントリアーのドッグヴィルを見ながら寝落ちして、7時半には目が覚めた。
特に二度寝したいなとも思わず、なかなか助かる。
一日でも休みに休めたのだなーと思った。

同期の誕生日だったことを忘れていてひどく落ち込む。日が変わったらお祝いと感謝のLINEを送ろうと思っていたのにうっかりしていた。
今日はようやく立ち稽古の番が回ってきたが、ノビノビしてる感覚がない。卒公以来で立ち稽古なので4ヶ月ぶりに出演者たちとはいえ人前で芝居するのは変な感じで、よくわからない。
これでいいのかよくわからない。
なにより暑い。衣装が冬っぽいので暑い。
ちょっと頭いたいが、たった15分で続きは明日である。
あと10日でほんとに通しとか出来るんだろうか。
どんなにすごい演出家でも魔法使いではない。
指をパチンと鳴らしたら、呪文を唱えたら舞台が出来上がるわけではない。
魔法を見せられるようにやっていくしかない。
ぼくたちはみんな探り探りの妖精だ。

稽古終わりは舞台の補強仕込み。
頭いたいから帰りますーと言おうと思ったが、思ったより途中で抜ける人がおおいので大して戦力にはならないのに抜けづらくなり、持ち前の責任感(責任と責任感は似て非なるものである。責任は自分で見極められるが、責任感は際限がない)で最後まで残ってしまった。水飲んだら大丈夫な気がしたのだが終盤は頭ガンガンなった。自発的脱水というやつになってたらしい。水ばっかり飲むのはやめよう。
一個上の女子の先輩の夢に僕が出てきて一緒に温泉にいっていたそうな。「正夢にしましょうよ」なんて軽口を言ってみた。ほんの少し頭痛が和らいだ気がした。

同期の誕生日を祝う会には頭が痛いのでといって欠席した。かなしい。
帰り道、どうして僕はこう体が弱っちいのかねーと思い、そういえばお釈迦さまことゴウタマ・シッダールタはどうだっけなと考えた。
一国の王族であり武士階級であるクシャトリヤに生まれたゴウタマはきっとマスキュリニティを期待されながらついにそれを身につけられなかった人だよなと思う。釈迦如来の姿は男でもなく女でもなく中性的に描かれる気がする。
だからなんだという話なんだけど、僕が男らしくないのにも何かしらの理由があるのかもしれない。
男らしくなりたい時期もあったし、今も我ながら男だよなと思うし、別段ジェンダーに悩んでもいないが、そもそもらしさってなんだよと思うし、筋肉つければええんか?とかも思う。
それでも僕は僕なので。
ちょっと力仕事したらくたびれて寝込む人間がいたっていいと思う。
世間が許さなくても僕は、僕だけはそうおもっている。