テラノハ

言葉は涙だ。とベケットは言った。

2017-07-14のドライブ

今日も晴れ。露悪的な晴れ。もう無理。16。

起床即ねむい。二度寝してもちゃんと余裕のある時間に起きたのでニッコリ。
暑すぎる。意味わからん。
家を出たくない。ゴドーとか絶対待ってないよ。
今日は同期にズートピアのビジュアルガイドを貸したら喜んでくれたのでよかった。僕は映画を布教していくぞ。筆箱はスターウォーズだし、台本の表紙はブレードランナー2049だし、左手にはマッドマックスFRのマックスと同じパラコードしてるし、映画にまみれとるねと言われた。節操がないからね、仕方ないね。
みんなブルーレイプレーヤーを持ってないので布教は思うように進まない。ズートピアのDVDは人に上げたのでこういうとき困るな。

今日も読み合わせが辛かった。
謎の暑さと眠気との戦い。コーヒー飲むのも気が引けてうつらうつらするのを体を叩いて起こした。指を噛んだりした。
好きなことしてるはずなのに帰りたいなーと思うので夏は罪深い。
仕事してる友人たちが帰りたいという話をきくが、これと同じ種類の気持ちなのだろうか、だとしたら僕はなんで演劇をやってるんだ?などと普段考えないことを考えてしまうのでやはり夏は罪深い。

15時に1回終わってそこからは自主稽古の時間。
まだ立ち稽古にも入ってない。セリフ覚えも完全に油断している。家に帰ったら疲労で台本とか見たくない。
今日は自分たちのシーンをなんとなく自分語にするという方法でやったら初めてこの作品を面白いと思えた。会話の不自然な作品で全然わからんちんやったけども、キャッチボールではないにしても池に小石を投げるタイミングや動機が取れてきた。稽古がドライブしてくる瞬間が好きだ。これにやみつきになったからこんなことをしているんだよーと思った。同じシーンの人たちが愉快なのでとても助かる。卒公の時は自分のことにいっぱいいっぱいだったけど研修科は余裕があるのがいい。掃除する人も固定化してないし、楽屋の使い方もまぁまぁきれいだし、去年イライラしていた部分が解決されてるので助かる。

今日は疲れてるけどどうにかヤマト2202の第2章を見るぞ。
心のモーツァルトを殺してはならない。

広告を非表示にする