テラノハ

言葉は涙だ。とベケットは言った。

2017-07-12の熱気

今日は晴れ。

稽古おやすみ。朝起きる時に少しも慌てなくていいのが嬉しい。
みんなは体操に行くかもしれんけど僕は行かないよ。体力がないからね。
無理して頑張っても続かないので。

2週間くらい買いに行きたかったブルーレットおくだけと柔軟剤を買いに行った。QOLがやや上がった。
おはぎを食べたら眠くなったので昼寝もした。
相変わらず疲れは取れない。寝ても取れない疲れは寝ても取れないがねむいので寝るしかない。
夕方ノロノロ這い出して花園神社にいく。
椿組の『ドドンコ、ドドンコ、鬼が来た!』を見に行く。
祐子さんから誘われたら行くしかない。
神社の境内の野外劇とかやばそう。この時期に。
実際行ったら暑すぎて笑う。
ビールの売り子さんとか客席案内のおにいさんもみんな声がでかい。
演劇やってる人は声がでかいを地で行くというか、ひとりひとりのパッションがやばい。
前説のおにいさんもゴキゲンな感じで夏だ。ハレの日だ。ってテンションになる。
お話としては江戸時代、山奥の隠れ里に武士がやってきて里が開けるけど~という感じ。里の外には出てはならない掟を破った男がやがて帰ってきて里は変わってて、みたいないかにも夏祭り感というか七月の熱気にぴったり。祭が原初的な意味でハレって感じでこいつらすぐまぐわうんやろなーって思った。
暑さのせいで見るのに体力使うけど、生演奏とか踊りとか楽しかった。
夏、花園神社の野外だから出来る不思議な観劇体験。
時折聞こえる都会の喧騒からこの小屋の中だけは浮いていておれはいま、どこにおるんやー?となる。
クーラーの効いた涼しい劇場ではこの感覚にはならんねー。
僕はたぶんこういうのに出るには向いてないなとも思うけど、非日常のワクワクは見てて楽しかった。
体力がないからね。無理はよくないね。

久々に会った祐子さんは卒公の時はべっぴー呼びだったのに下の名前で呼び止められてドキッとした。今日もエネルギーの塊でかっこよかった。
花園神社、酉の市でいった時は人がいすぎて引いたけど、今日はシーンとしてて特設ステージのとこだけ熱っぽくてそれはそれでよかった。
f:id:beplum:20170712230023j:plain

明日からまた稽古だ。
ゴドーさんはまだ来ないぞ。
セリフ覚えやらなくちゃねー。