テラノハ

言葉は涙だ。とベケットは言った。

2017-06-25の遂行

今日は雨。のち曇り。梅雨。

昨日も夜中に友達と電話をした。話を聞いてあげるのが好きな性格でよかったと思う。
今朝サンダルもどきで家を出て、雨が本降りになって後悔した。
今日は『わが町』の電話受付のお手伝い。
去年は「すぐなくなると思います」なんてツイートしていたが、一年経ってこの役割をすることになるとは思わなかった。去年も研修科のお兄さんお姉さんがやってくれてたのかねーなどと思いを馳せた。
電話受付は緊張して喉がカラカラになった。細かいミスはありつつも概ねどうにかなったと思う。僕は声が高くて滑舌もそこそこなので電話受付向いてると思うんだ。字も綺麗だし。
ひっきりなしに電話がなるのでちょっとふらふらしたし喉も痛くなったので体弱すぎて引く。
電話もひと段落すると、先輩たちは結婚の話とかしてたので耳をそばだてた。やっぱり難しいもんらしい。浮草やくざな忘八稼業のかけだしじゃ、親にも紹介できないとかあるらしい。ひょえー。
結婚するために生まれてきた訳じゃないけど、高校を卒業するのと同じくらい当たり前みたいな顔して結婚は幅を利かせている。ただの行政便利パックだという人もいるし、しあわせのコスプレのような気もするし、ただの紙切れかもしれない。
今のところ予定はないですが、したさはある。売れたらとかそういうの置いといてとりあえず一緒になっちゃえよと思う。どうせ人生はままならないんだから、さっさと幸せ悲しみ分割パックに応募しようぜとも思う。まぁ何事もやってみんとわからんしな。
この前チンコで恋する云々かんぬんのブログを書いたが、そこそこ反響があって嬉しい。自分が思っていることを言語化できたら嬉しいし、それなと言われるとまた嬉しい。しかし今までの自分の恋愛の仕方を反省した結果、手も足も出なくなってるような気もしてやや窮屈。誠実とはなにかを考えつつ今日も空は白い。
もう恋愛とか性別とか生殖とかのなくなったディストピアがいいよとたまに思う。やすらぎとか親しみとかは誰とでも微笑み合うだけで賄えて、交配はポッドとかで管理してくれと思う。性的快感は裏カジノみたいなとこで夜な夜な供給されて、生理も存在しない(なのでPMSもない)。そしたら男も女も生きていくことに絶望する割合が減りそう。モテ非モテの不毛な闘争も解消されてその分芸術や学問が発展すると思いきや、そういう人間のままならない感情こそが美的感覚を鋭敏にして承認欲求を高めていたからみんな腑抜けになりました……みたいな雑なショートショート。過ぎた人生はショートショートなのに、行く先はファーファーアウェイです。
与えられた快楽よりも、手に入れた幸福にこそ価値があると思いがち。僕は幸福を分けたり貰ったりしたい。

今日は渋谷のTSUTAYAにいった。
渋谷に行くたび誰かがスクランブル交差点の写真を撮っている。それを横目に足早に渡る僕はいつしか自分がお上りさんであることを忘れはじめる。
よくもわるくも人間は慣れる。あの人混みにすら驚かなくなっていく。田舎ものの特権はいちいち驚けることだと思う。あの衝撃と興奮が薄れていくことが僕は少し怖い。田舎から出てくるのは第一宇宙速度みたいな力がいるけど、次第に慣性でいってしまうのはよくないと思う。あのスクランブルでぼくも誰かの人生の景色の一部になることに気づくよりも、僕のお話は僕の目線で書かれることを忘れるべきじゃない。そんなことを考えながら渋谷に通っています。

ランチの焼肉を食べたら胸焼けしたけどお腹は壊さなかった。
雨はやんだけど曇りのままで、頭痛がきた。
ごめんね青春をみて満島ひかりに憧れた。
あずきバーは今日もうまい。
明日は洗濯したい。