テラノハ

言葉は涙だ。とベケットは言った。

2017-06-23の気怠

今日は晴れのような曇り。

洗濯物が溜まりすぎて履くべきパンツが見当たらずノーパンで寝たけど、お腹が痛くなったのでパンツを発明した人はすごいなと思った。
腹巻はしてたけどやはり冷えたらしい。
原始人も腰巻してる絵とか見るけどいつごろ気づいたんだろうか。
ココ、カクスみたいなノリの日が来たのだろうか。
隠したから見られるの恥ずかしくなったのか恥ずかしいから隠すようになったのか。
毛の処理してることを獣たちが知ったら笑うだろうか。染めたり剃ったり禿げるのを気にしたり。
彫像は美しいと思うけど人体のプロポーションはそんなに美しくない。
ジャコメッティはかっこよかったなーとしみじみ思い出したりした。

ゴドーをちょいちょい読むけど読めば読むだけ訳が分からなくなる。
ひとつ分かったのはこれは愛の話だなと思った。
エストラゴンとウラジーミルの関係性は持ちつ持たれつの腐れ縁で、親子の愛でもあるし同性間の愛でもあるし友愛でもある。愛は便利な言葉で、傷つけることさえも許容させようとするけどそれは欺瞞なのでちゃんとしたい。
明日はプレ稽古なのでまず寝られるか起きられるか遅刻せずいけるかが心配である。
読解はまぁしすぎということもないが、したところでするっと手を抜けていく気分なのでしたりなさに焦らず行こうと思う。
明日は行くだけ行けたら褒めておこう。

起きてからずっと右耳が聞こえづらくて寝すぎたかなーと思った。洗濯したら籠からまだ履いてないパンツが2つ出てきたので赤い方を履いた。なければないでいつか出てくるのかもしれない。パンツだけじゃなくて。
食欲がわかなかったので散歩した。夜風の湿り気があがっていてそんなに楽しくなかった。
中華屋さんに入ってレバニラをモサモサ食べた。
少しでも鉄分が補給されているといい。

明日は暑くないといいなぁ。