テラノハ

言葉は涙だ。とベケットは言った。

2017-05-26の戯言

今日は小雨、のち曇り。

例によって寝られないから『地獄の黙示録』を見ながらどうにか夜明けを過ごし、カーツ大佐と出会ったあたりで寝落ちした。
地獄の黙示録はなんか、すごい。
異様と偉容ばっかり。特にカーツ大佐がすごい。
『沈黙』の撮影現場のスコセッシをまるでカーツ大佐のようだった、と評した記事を読んだが、こんなにすごいのかスコセッシ。
カーツ大佐はイモータンジョーばりにカリスマ性と狂気があって、照明がすごく見事でもう怪人物にしか見えない。
お話もウィラードとカーツの関係が、ロドリゴとフェレイラっぽくて『沈黙』を思い出すなど。
プライベートライアン』見た時も答えのない問を続ける感じが信仰の隠喩ぽかったが、戦争は宗教なのかもしれない。

8時過ぎに寝て13時半に起きて校正へ。
遅刻せずにすんでほっとした。
4時間半の死闘を辛くも勝利し、ようやく完成。
先輩とGOTGの話ができて楽しかった。
文字の獄って感じだった。

帰りしな青べか物語の打ち上げの歓声が聞こえる。
おつかれさまでしたーと思う。
帰り道、ホルモンをききたくなる。
つまり、ささくれているらしい。
今日はアイスを食べよう。
亮君みたいになれるようにぼくもしっかりルサンチマンを煮込んでいこうと思う。
必死さは不要。必殺さえあればいい。

明日は仕込み。
スタミナ不足のおれに明日は、あるか。