テラノハ

言葉は涙だ。とベケットは言った。

4月に見た映画ベスト3《映画館篇》

四月に見た映画ベスト3
《映画館篇》

1.ワイルドスピードICE BREAK
シリーズ8作目。
ハマったのは前作公開時から。
予習としては
5作目『MEGA MAX
6作目『EURO MISSION』
7作目『SKY MISSION』
あたりを見てると小ネタが拾いやすいです。でもまぁぶっちゃけお話とか登場キャラとか関係なくてスクリーンの中で起こってるハチャメチャにうはあああ!!ってなる作品なので細かいこと抜きにして見に行ってください。
4DXとかならアトラクションみたいで、いんじゃないかな(高いけど)。
むしろエピソード0的にキャラの過去を知っていけるのはこれから見る人の特権です。
ネタバレ満載でぎゃーぎゃー言うだけのブログも書きました。
【ネタバレ】『ワイルドスピード ICE BREAK』でお腹いっぱいになりすぎたのでその気持ちをぶつけるだけの長文【ネタバレ】(http://beplum.hatenablog.com/entry/2017/04/28/224255

2.ムーンライト
アカデミー賞作品賞に輝く、これからの名作。
月明かりの下で蒼く輝いているのは肌であり、揺れる魂だと思う。
主人公の男の子の、少年期、青年期、成人期3つの章に分かれており、それぞれ別の俳優さんがやってるけど同じ人間にちゃんと見える。
大爆発とかマブいお姉ちゃんのお尻とかは特にないけど見終わって心の中で残響がある点はワイスピと同じ。
つまり面白かった。
どうして生きていくのはこんなにままならないんだろーと思ったことがある人は見てほしい。おいしいごはんを食べたくなります。それはつまり親しい人と食べるってことです。

3.イップマン 継承
ドニーさんのオーラがやばい。
今回に限って言うとナルシシズムというよりも優しさとか頼もしさとか愛とか。
カンフー映画ならではのアクションシーンの見せ場もさることながらキャラの生き様を見せてくれるあたりシリーズ3作目の面目躍如。
予習した方が感動する路線ではあるけど、『ローグ・ワン』のチアルートにハマったのならいきなり見てもそのアクションに満足いただけるはず。