テラノハ

言葉は涙だ。とベケットは言った。

余は如何にしてブログ書きとなりしか

春の陽気。
という表現は色気もクソもないが日差しを受けた屋根も道も先月よりも心なしかキラキラして見えるのでそういって差し支えない。


季語で言うと「山笑う」という季節らしい。
いまは兵庫の山間の祖父母に会いに来ているので山に囲まれている。
たしかにモスグリーンの山肌にまだらの新緑がいるのは笑うという表現もしたくなるのだろう。

ついにブログなんぞ始めてしまった。
まぁゆるゆるやっていく。
Twitterは呼吸。Facebookはええかっこしぃ。
ブログはなんになるだろうか。